2012年04月29日

サウマプティロン

サウマプティロン
Thaumaptilon
体長:20センチほど

thaymaptilon_06.jpg

葉っぱのような形をした動物。現生のウミエラ類に近いとされています。
カンブリア紀の直前に姿を現し、姿を消したエディアカラ動物の一派にもよく似た動物があり、エディアカラとカンブリアをつなぐ存在である可能性が高いという事です。
葉っぱ状の体には沢山の「個虫」がついていて、海中の有機物を取り込んで生活していたようです。
もし、この動物がウミエラに直系として、さらにエディアカラ動物の子孫だとすると、現生ウミエラ、すごいですね。「動物という生き方」がまさに始まったエディアカラから現在まで、同じ体制で粛々と生きていた事になります。
posted by センザキタツヤ at 11:48| Comment(1) | TrackBack(0) | バージェス頁岩動物群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エディアカラ動物群のチャルニアに
確かにそっくりですね。
ウミエラ類がイモガイやクラゲの類と
同期というのも面白いです。
Posted by 流楠 at 2015年07月21日 19:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/267641493

この記事へのトラックバック