2010年02月12日

オドントグリフス(旧復元)

オドントグリフス
Odontogriphus omalus
体長:数センチ
(これは、2006年以前の古い解釈の復元図です。新復元図はコチラで

0dontogriphus_2010_02.jpg
鼻緒のとれた草履のような生物。
化石はたった一つしか見つかっていないそうです。
扁平な体の下面前方にハート型の口があり、ひげが取り囲んでいます。
このひげを支える歯のような構造も見つかっていて、学名の由来は「歯の生えた謎」だそうです。なかなか詩的です。
体は節構造になっていて、上下にくねくねさせながら海中を泳いでいたと言われています。
posted by センザキタツヤ at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | バージェス頁岩動物群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしいCGの数々、楽しく拝見させて頂きました。
オドントグリフスについては2006年、189の標本からなる調査結果が出ています。歯舌の構造などから軟体動物で、海底のバイオマットをこそげとって生活していたとされています。
関連記事(英語)
http://www.cbc.ca/health/story/2006/07/12/mollusc-fossil.html
Posted by sugio at 2010年03月06日 10:11
sugioさま。

コメントありがとうございます。なるほど、遊泳性ではなかったんですね、次の機会に作り直したいと思います。
関連情報も感謝です!
Posted by センザキ at 2010年03月20日 19:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140967737

この記事へのトラックバック