2010年01月30日

オダライア

オダライア
Odaraia alata
体長:数センチ
odaraia2010.jpg
体のほとんどをチューブのような殻が覆っている奇妙な甲殻類。
この図のように上下さかさまに泳いでいたということです。ボンっと飛び出した眼といい、珍妙でとぼけた動物です。
しっぽも変わっています。左右と垂直に突き出して、ゼロ戦、というか、スペースシャトル型動物。こういう尾を持つものは現生の動物にはいません。
食べていたのは小さな浮遊生物と言う事なのですが、このチューブは餌を集めるための機能が何かあったのでしょうか。
posted by センザキタツヤ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | バージェス頁岩動物群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139808754

この記事へのトラックバック